実演
本文へスキップ

武蔵野うどんうちたて家は、東京都豊島区南池袋にある武蔵野うどん専門店です。

武蔵野うどんとは

歯ごたえと、小麦粉のうま味を味わう武蔵野うどん

肉汁うどん

「武蔵野うどん」は武骨に太く、コシが強い。
ムチムチした弾力感、みっちりした重量感が特徴です。
茹でたての麺を流水で締め、ツヤツヤに光る曲がりくねったうどんを
熱々のつけ汁(肉汁が主のつけ麺スタイル)で食べるのが武蔵野流。

豚肉のうま味が鰹節の利いたつゆと混じって、素朴な地粉のうどんに
からんで絶妙です。
うまさの秘密は原料の小麦粉へのこだわりと製法にあります。

讃岐うどんは噛まずにノド越しを楽しむと言いますが、対極的に武蔵野うどんは「噛んで、歯ごたえと小麦粉のうま味を楽しむ」うどんです。
滑らかなノド越しでシコっとした食感の「讃岐うどん」に対して
歯ごたえ・風味・モチっとした食感の「武蔵野うどん」と言えます。

うどんの実演、調理過程を見ていただきたい

うちたて家は、通行する人に見えるように店舗の前面でうどんを打ち
その打ちたてのうどんをフルオープンの厨房で茹でたての
うどんを提供します。
カウンターも目の前のガス台を同じ高さにし
調理作業を見やすくしています。
これは、お客様に「手打ち」を見ていただくことで
うちたて家のうどんに対する信頼感を感じていただき
また、オープンキッチンによる活気と調理工程が見えるので
「自分の注文したうどんが、目の前で仕上がるのがわかる」
安心感も感じてほしいと考えています。

麺へのこだわり

麺へのこだわり

うちたて家のうどんは、最初一口食べた時に
ゆでが足りないかなと思われますが、噛めば噛むほど
ムチムチとした弾力のある食感が広がり、小麦粉自体のうま味を味わうことができます。
ちょっぴり塩味がする中、ほんのりとした甘味がやさしく口一杯に広がります。
このムチムチ、シコシコした食感と小麦粉本来のうま味が独特の『クセになる味』となり、数多くの人に味わっていただきたいと思います。

茨城にある自家製麺所で粉から生地を作り上げています。
足踏みによる圧延を3〜4回繰り返すことで麺に層を作り熟成させ、歯ごたえと味を追求
硬めにゆで上げてもっとも良い状態になるよう、厳選した小麦をブレンドした小麦粉を使い
この小麦粉に塩水を独自の割合で加水し、その日の温度や湿度によって分量を変え
手間暇をかけて、毎日店舗へクール便で配送しています。


つけ汁へのこだわり

つけ汁へのこだわり

武蔵野うどんの本流に倣い、つけ汁には生がえしを使用。

肉汁はオーダーが入ってから、つけ汁、豚肉、白髪ねぎ
(または、炒めたねぎ)を加えた鍋をストーブにかけてひと煮立ちさせ
熱々の状態で提供する。
生がえしを使ったつけ汁は9品あるつけ汁スタイルのうどんに
使用しています。

保温機能付きのスープストッカーにスタンバイしていますが、煮詰まりによる味の変化を防ぎ、さらに加熱した時に「つゆが咲く」ように仕上げるため、つけ汁の保温は絶対にしないということもこだわりのひとつです。

厳選した数種類のかつおぶしをブレンドし
1番だしと生がえしを独自の割合であわせ、一昼夜寝かせるなど
時間をかけてつゆを作り上げ、麺がゆで上がる時間を計算してつけ汁を仕上げるのが
最もおいしい状態」と考え、その状態で提供しています。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

武蔵野うどん うちたて家

営業時間:AM11:00~PM:9:00
年中無休

〒171-0022
東京都豊島区南池袋3-13-17
TEL&FAX.03-3980-3361